読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁ復興ライヴ

昨日は3月11日。

甚大な被害をもたらしたあの日。

あれから6年。

私はある小さな場所で行われた復興ライヴに行って来たんだ。

募金となる参加費で未だ途中の被災地復興を願いつつ、自分自身も楽しんで来たのだ。

とある支援団体の方が挨拶でこう言ってた。

支援とは「人のため」というより「自分のため」だと。

「何かを支援する行動とは、自分を豊かにしてくれる」と。

願うという気持ちが自分を成長させる。

なるほど。

f:id:yas-99:20170312081246j:plain

 

 

あぁトミカ

一時、トミカを収集してた。

1000台以上はコレクションしてて、眺めてニヤニヤしてた。

ある時、急に冷めた。

処分した。

今、手元には数台しかないが、これだけは処分しない。

f:id:yas-99:20170304190317j:plain

ブルーバード。1Aホイル。

トミカには冷めても、このモデルはトミカの域を超えた文化財

私にとっては手のひらに収まる宝物。

今日のひとりごと。

 

あぁ海水魚飼育

実は去年の夏前くらいから海水魚を飼っているのだ。

そもそも水槽飼育は好きで、以前は金魚をずっと飼ってたのであった。

 

飼ってた金魚が死んでしまい、一旦水槽は片づけていたのだが、

また金魚を飼いたいと思いつつ過ごしていたのね。

 

近所で海水魚を飼ってる人がいてさ。

たまにおじゃまして見てた。

 

淡水魚しか飼ったことしかないし、自分が飼育するなんて考えたことはなかった。

多少あこがれてたけど。

難しそうってのがやっぱりあってね。

 

「海水、分けてあげるよ」「やってみなよ」

近所の人は、私の背中を押しちゃった。

 

f:id:yas-99:20170305161142j:plain

今日、水槽掃除をして水を入れ替えたのね。

f:id:yas-99:20170305161141j:plain

ピンクの人工草も配置してしまった。

なかなかいいぞ! ピンク色。

私の60センチ水槽は熱帯の海なのだ。

 

 

あぁ木の箱

合成樹脂。いわゆるプラスチック。

石油から作られたこの偉大なる素材。

現代に生きる私達にとって、切り離すことのできない素材であろう。

f:id:yas-99:20170304105054j:plain

ビール瓶を運んだり保管するのに使う箱も今やプラスチックが当たり前体操(苦)

 

しかし20世紀中旬くらいまでは

f:id:yas-99:20170303112129j:plain

木。

f:id:yas-99:20170303164553j:plain

木。

森を守ろう だとか、植林活動 とか、「木」はその存在が自然界に与える恩恵は絶大だという事の意味は分かる。

でも昔は湯水のような存在。

プラスチックに関しても、いわば現在において湯水の存在。

有限な石油。

燃料なんかは節約志向な現代。

製品ユースの石油由来原料の合成樹脂。

どうなるかな。

近未来。

また「木」が見直されるか?

いいかげんにしてよ。

 

あぁ弁当の包み紙

とある団体の研修旅行に参加したのである。

北陸方面。

ますのすし」で有名な源さんに併設されているレストランで昼食をいただいた。

f:id:yas-99:20170226125241j:plain

(このパッケージでおなじみの「ますのすし本舗源」さんのますのすし

 

レストランの横のスペースに同社の資料館があったので覗いてみたのであるが、

弁当の包み紙に心を奪われたのだった。

あぁ、戦時。

f:id:yas-99:20170226125244j:plain

パッケージの右上に「国民精神総動員」の文字。

こんな言葉で国民の精神的方向をひとつの目的に向かわせたわけなのだろう。

そして。

f:id:yas-99:20170226125242j:plain

このようになってしまった。

皇軍万歳である。

旗を振る女性や子供の心中はいかに・・・

夫、息子、父を戦地へ送ったであろうと思われる残された人たち。

そんな時代のお弁当。

万里の長城の上空を飛行する我が皇軍攻撃機

横には我が皇軍の戦車。

歴史の真実をあらためて目の当たりにできた資料館訪問は有意義だった。

今、しあわせに、ますのすしを美味しくいただけること。

ますのすしを噛みしめると同時に、

ある時代においての、決してしあわせではなかった中での弁当の包み紙に、

銃後の方々の思いを少し噛みしめることができたような気がする。

このような展示物を拝見させていただいた「ますのすし本舗源」様に感謝する。

 

 

あぁ整列休め

「せいれーつ やすめっ!」

この号令を聞くとハッとする。

このブログの1回目で言ったように、私は消防団員だからだ。

この号令は集団が整列している状況での「休め」の体形をする場合に出される。

f:id:yas-99:20170222201736j:plain

この図のように両手を後方で組んで足を少し開く体形なのだ。

ただ辛いのは後方で組んだ両手の位置がベルトの位置ということ。

出来たらダラ~ンとお尻の位置で両手を組めると楽だなぁ と思うからだ。

自衛隊などでは「休め」という号令もある。

この場合、お尻の位置で両手を組む事ができる。

消防団では、この「休め」の号令は私の在籍している9年間において一度も聞いた事がない。

場合によって「整列休め」と、「休め」の号令を使い分けしていただけるよう希望する。

これが今日の自己中心的ひとりごとである。

f:id:yas-99:20170222201735j:plain

ちなみに、自衛隊イベント会場などではこんなお茶のペットボトルが販売されている。

商品名にビビって自分を失い、思わず買ってしまった悲しい私がここにいる。

あぁファミコンウォーズ

私がティーンのころくらいにさ、出たんだよね。

ファミコン」。

いろいろとやってみたけど、すぐあきちゃってねぇ。

でもね、

これだけは面白かった!

ファミコンウォーズ

なにをかくそう今でも時間があればプレイしてるのだ。

 

f:id:yas-99:20160211132337j:plain

最高傑作なのである。

バックアップのため内蔵されてる電池は切れちゃっているから電源を切るとまたふりだしだけど、それでいいのである。

全部クリアすると現われるステージが面倒で頭にくるけど、

それでいいのである。

誰に何を言われようと、

それでいいのである。