自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁYMO

何十年も前、私にも青春の時代があったのね。

そのころ、いや、もう少し前だったろうか。

幸か不幸か、出会ってしまったのだ。

偉大なる彼らの音楽に。

Y・M・O。

今でもこの呪縛から逃れられない私がここに存在するのだ。

f:id:yas-99:20170401141347j:plain

アナログ、デジタルとソフトが進化しようとも、

その時代のクオリティーに決して負けることのない崇高なる音源。

f:id:yas-99:20170401141343j:plain

不仲がささやかれていた時も、それぞれの音楽性を認め合っていたからこそ、

彼らが集合したとき、いつでもYMOになった。

f:id:yas-99:20170401141346j:plain

私は今でも彼らから離れられずにいる。

他に好きなアーティストがいないわけではないが、

私の根底に何かが居座っているうちは勝ることができない。

f:id:yas-99:20170401141345j:plain

崇高な何かが。

偉大な何かが。

結局、今、この時にでも結論が見えない存在だから、

果てしなく私は聴き続けなくてはいけないのだ。

そんな今日のひとりごと。

 

 

あぁ新潟交通電車線

現在、新潟市内にはJR以外の鉄道はないんだ。

でも平成11年4月まではあったんだよね。

あぁ、思い出の新潟交通電車線

 

この鉄道の開通は昭和8年らしいのだ。

f:id:yas-99:20170326102751j:plain

こんなノスタルジックな電車が平成11年まで走っていたのだ。

 

f:id:yas-99:20170326102753j:plain

こんなのもだ。

 

f:id:yas-99:20170326161934j:plain

小田急からも電車を購入したらしい。

しかも塗装は小田急のままなのだ。新潟は雪が降るからこれじゃ目立たず危険だよな。

 

f:id:yas-99:20170326161933j:plain

とりあえず、冬の備えはあったようだが。

このラッセル車も昭和7年製だとか。

 

f:id:yas-99:20170326161935j:plain

平成11年4月4日、最後の日に私が撮影した写真なのだ。実に懐かしい。

 

ところで、なんで今ごろこんな事をブログにしたかと言うとね。

それは・・・・思いだしたから。

なんで思いだしたかと言うとね。

 

f:id:yas-99:20170326102748j:plain

バスで復活したからなんだ。

 

f:id:yas-99:20151020100132j:plain

現在、新潟交通はバスのみの営業で、こんな連接バスも運行しているのだが、

この連接バスで電車カラーを復活させてほしかったな。

こっちの方が「鉄道」らしく仕上がったのではないか・・・

と、私はひそかに感じているのだ。

今日はこんなひとりごと。

 

 

あぁハーフトラック!

あまり喜ばしいことではないけど、戦争は発明のオンパレード。

「闘争本能」を合理的及び迅速に満たすために。

もちろん残酷な発明兵器も存在したであろう。

悲しいことではあるが。

 

でも今日のひとりごとは、そういった点ではなく、ただただメカ的に素晴らしいと感じた兵器を語ってみたいと思うのだ。

それは、「ハーフトラック」なのだ!

f:id:yas-99:20170325133950j:plain

 

素晴らしいメカだ。

 

トラックの後輪をキャタピラ方式とし、どんな悪路でも走破できる車両なのだ。

元々はフランスで開発されたらしいが、私には、このアメリカ製のMー3型がたまらないのである。

f:id:yas-99:20170325133948j:plain

後部に10人の兵員を乗せられて、迅速に兵員を輸送させるいわば「戦場のタクシー」

自衛隊にもアメリカから供与され、ご覧のように「日の丸」をつけたわけだが、見れば見るほどいい雰囲気だ。

実に男のロマン

 

現代の兵員輸送車は全部がタイヤ、もしくは全部がキャタピラの物が世界の主流らしいが、当時の、この何とも言えない中途半端な感じが私の人間性とオーバーラップして悦楽の域だ。

 

f:id:yas-99:20170325133952j:plain

陸上戦闘兵器の花形であろう戦車と並んでも、どうですか!このエクスタシー。

 

やはりハーフトラックは私のマインドを包み込む極楽浄土的な存在。

ハーフトラックよ、永遠なれ。

 

あぁ消防団2

午前中にブログを更新したのだが、今日は祝日。

特にする事もないので私が入っている消防団の「備えあれば憂いなし」的な話でもしてみようかねぇ。

f:id:yas-99:20160306094128j:plain

火災の際、放水が一番の活動となるから日頃のホース点検は必須。

信じられないかもしれないが、訓練中にピューっとホースの途中部分から水を噴くこともあるんだよね。そんなことがないようにチェックは大事だねぇ。

 

f:id:yas-99:20160306094132j:plain

それからポンプ。

いざという時、燃料がカラだったら大変!よって燃料の残量チェック。

でもね、入っていればいいなんてもんじゃない。

燃料って変質するからね。ポンプなんて毎日使うもんじゃない。つまり定期的にエンジンを始動して様子も見なきゃなんだよね。

 

f:id:yas-99:20151109195528j:plain

その他、灯火や各種積載品も点検。

 

f:id:yas-99:20170212134110j:plain

そして何よりも大切なのは他の部隊と、いかに連携のとれた活動ができるかという事。

我々は消防団。消防署の隊員と違いプロじゃない。

みんなが会社員や自営業者や農家や学生という集団。その合い間を使って訓練や日々の点検をしているわけなのね。

「消防署があるから消防団なんて必要ないじゃん」 なんていう意見も聞くんだけど、自分たちの地域のことは消防署よりも知ってるわけ。

もし、自分住んでいる地域で火災があってもね、消防署からきたレスキュー隊員や消防隊員に

「この家には足の不自由なばーちゃんがいる」とか、「この家の裏手に消火栓がある」とか教えてあげることができるし、消防団で培った技術をもってプロの消防隊員の補佐もできる。

また、普段でも「AED」を使える講習も受けているから、たまたま意識を失った人に遭遇しても対処できるし。

 

 

f:id:yas-99:20160110140024j:plain

ご覧のように消防団の装備はちっちゃいけど、地域に密着した防災組織。

「備えあれば憂いなし!」

このブログを通じて、少しでも消防団という組織に興味をもっていただけたら幸いでございます。

 

f:id:yas-99:20151116113527j:plain

私の所属している新潟市もそうですが、全国的に消防団員が不足している現状。

ぜひ、皆さんの地域でご参加を!

それではまた。

 

あぁゲンセンカン主人

あぁ、また偉大なるつげ義春先生の作品が読みたくなってしまったのだ。

漫画は特に好きではないし、だからこそ人生において漫画から受けた感動や影響もないはずだ。

そんな私がまたこれを手にとっているのだ。

1980年代に衝動的に買った1冊。

漫画なのだ。

「ゲンセンカン主人」

ねじ式

山椒魚

「通夜」

今日もつげ義春先生に私の感性はまんまと奪われてしまうのである。

f:id:yas-99:20170320084906j:plain

 

あぁ線路の終わり

f:id:yas-99:20170312081244j:plain

旅路もここまでか。 と思うか

ここから始まるんだ。と思うか

「車止め」というこの線路の部分、英語で言うと「エンドレール」と言うらしいから

もはやこれまでということになるのかな。

つまり、旅路もここまでか。

でも、

終着駅は始発駅。

終わりでもあるが、始まりでもある。

まだまだ何とかなるような気がするな。

もう少し前を向こうか。

もう少し顔を上げてみようか。

そう思うことにしたら、ちょっとほっとしたな。

 

 

 

あぁ海水魚飼育2

残念ながら水槽内で目立ってた「シチセンチョウチョウウオ」が死んでしまったのだ。

f:id:yas-99:20170305161142j:plain

この黄色いのがシチセンチョウチョウウオ

いなくなって初めて分かる彼の可愛さ、そして彼の彩り。

 

もう一度、同じものを飼おうと考えたが・・・

なんだか勇気がなかった。

f:id:yas-99:20170313151533j:plain

悩んだ挙句、「ハタタテハゼ」を仲間にいれてみたのだ。(左上)

こいつもかわいいじゃん。

新入りが来ても、相変わらず無関心なプテラポゴンカウデルニ(奥の白黒なやつ)も笑える。

みんな仲良くね。