自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁグリコのおまけでタイムスリップ(第2弾)

私はびっくりしている。

前回のブログが案外好評だったからだ。

そこで今日は「タイムスリップグリコのおまけ」第2弾。

ベテランブロガーの皆さんには懐かしく、そうでない皆さんはそれなりに楽しんでいただきたい。

 

f:id:yas-99:20180204115531j:plain

ホンダFー1 RA‐272

実は1965年、ホンダの車はメキシコGPで優勝していたのだ。

現代のレーシングカーを見慣れた目には素朴に感じるデザインだ。

優勝したドライバーのギンザ―さんの人形付き。
 

f:id:yas-99:20180210134950j:plain

日産スカイライン「ケンメリ」

ハコスカ」と呼ばれた3代目スカイラインの後継車。

この4代目は「ケンとメリーのスカイライン」の愛称で登場したのだ。

だから「ケンメリ」

タイムスリップグリコのおまけの中では、めずらしくプロポーションが悪い。

大きすぎるミラーなども見ていて苦しいのである。

 

f:id:yas-99:20180204115557j:plain

ジャイアント馬場

私の住む新潟が生んだ英雄である。

プロレスラーになる前、プロ野球「巨人軍」でピッチャーだったというのも有名。

必殺技の「16文キック」で屈強な外国人レスラーをブッ倒す姿はカッコよかったのだ!

おまけも、16文キックがさく裂した瞬間を見事に表現している。

 

f:id:yas-99:20180204115559j:plain

南極観測船「ふじ」

初代観測船「宗谷」から任務を引き継いだのがこの「ふじ」だ。

「宗谷」が海上保安庁船籍だったのに対し、「ふじ」は海上自衛隊所属。

一応、「南極観測船」と呼ばれているが、海上自衛隊では「砕氷艦」に分類。

海上自衛官の私としては、やっぱり「砕氷艦ふじ」という印象が強いのだ!

おまけでは、南極の氷を割りながら進む力強い姿が表現されている。

 

f:id:yas-99:20180210134953j:plain

ナショナルラジオ 「クーガー」

1970年代のラジオブームのさなかに発売された。

野性的デザインの高性能ラジオとして人気があったらしい。

放送局から送られてくる「ベリカード」が含まれているところが泣かせる(笑)

当時、この「ベリカード」を集めていた友達がいたのを思い出した。

 

f:id:yas-99:20180204115503j:plain

アポロ11号なのだ。

人類が初めて月面に立った時のアメリカ宇宙船。

アームストロング船長の「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍」という言葉は有名だし素晴らしい!

旧ソ連ガガーリン少佐が言った「地球は青かった」と同等の名言。

おまけは、今まさに月面に降り立とうとしている瞬間を表現している。

 

f:id:yas-99:20180204115537j:plain

新幹線0系。

我が国が世界に誇る高速鉄道。時速200キロを超えるスピードで「せまい日本」を走り抜けた(笑)

私が子供のころ、静岡に住んでいる親戚を訪問する際、初めて乗ったという思い出がある。ワクワクしながら乗ったことを思い出すのだ。

 

ということで「タイムスリップグリコのおまけ」第2弾はいかがだったであろうか。

今日も、私のつまらない記事に時間を割いて下さった皆様に心から感謝である。

 

それではいい週末を!

あぁグリコのおまけでタイムスリップ

あぁ今日は朝から雪なのである。

先月、「最大級の寒波」とのことで大雪が降ったのだが、また大きな寒波が来てるらしい。

せっかく前回の積雪が消えたと思ったらまた雪。

こんな日は不要の外出は避け、インドアに徹することが賢明。

 

ということで、私が以前集めた「タイムスリップグリコ」で昭和という時代を楽しんでみようと思うのだ。

 

f:id:yas-99:20180204115430j:plain

これなのだ。

コンプリートできなかったが、いわゆる「食玩」というのが流行った時に売られたスゴいシリーズ。

おまけの完成度が高く、今見ても納得の出来栄えなのだ。

 

f:id:yas-99:20180204115434j:plain

かき氷機だ。

手で回すタイプである。

日本の夏の風物詩なのだが、削る人は大変だったろうなぁ・・・

模型も、予備の氷を置くなど芸が細かいのだ。

 

f:id:yas-99:20180204115447j:plain

そして冬。「だるまストーブ」

広い場所を暖めなくてはいけない場面はこれだろう。

やかんの感じといい、バケツなどの小物もよく表現されている。

トングの煤け具合なんか涙ものである。

 

f:id:yas-99:20180204115451j:plain

今にもいい匂いが漂ってきそうでたまらない。

網の上で焼き上がっているサンマと生サンマがリアルなのだ。

サンマを狙う猫も笑える。

 

f:id:yas-99:20180204115457j:plain

あぁ懐かしい!ステレオ。

子供のころ実家にもこんなのあった記憶がよみがえるのだ。

上に乗った電気スタンドもいいアクセントだ。

33回転、45回転、78回転とレコードによって回転数を変える「儀式」も懐かしい!

 

f:id:yas-99:20180204115500j:plain

これぞ!日本の朝ごはんなのである。

ごはんを炊くのは炊飯器とは呼ばれず、「電気ガマ」(笑)

星 一徹が来なきゃいいのだが。(これが分かるあなたはもちろん昭和人です)

 

f:id:yas-99:20180204115513j:plain

ナショナル洗濯機なのだ。

洗濯ものをローラーで脱水してたなんて凄すぎなのだ。

それまでの「洗濯板」と「たらい」という洗濯方法との対比がおもしろい。

 

f:id:yas-99:20180204115528j:plain

ストロボカメラ。

このデカいストロボが泣かせるのだ。昔のカメラマンは大変だっただろう。

ホコリを飛ばす小物が付属していたのが細かい演出。

 

f:id:yas-99:20180204115525j:plain

給食。コッペパンにジャム、先割れスプーンも見事に表現されているのだ。

私の時代は瓶の牛乳だったが、この模型は「脱脂粉乳」が再現されているのだ。

ベテランブロガーさん、おおいに懐かしんでいただきたい。

 

f:id:yas-99:20180204115521j:plain

リカちゃん人形。

当時の女の子なら誰もが夢中になったリカちゃん。

これで遊ぶと、当時の女の子はセレブ感を満喫出来たに違いない。

私はこの頃「ミクロマン」に夢中だった。

 

f:id:yas-99:20180204115516j:plain

トロリーバスなのだ!

空中に張った電線から電気を引き込み走るというものだが、電線がない道は走れないわけだろうから不便そうだなぁ・・・

 

f:id:yas-99:20180204115552j:plain

ダイハツミゼット。

酒屋さんらしきオジサンとセット。

ビールのケースが木製なのが驚きだ!

 

f:id:yas-99:20180204115543j:plain

トヨタ2000GTなのだ!

当時この車を購入できたのは大金持ち。

となると、この男は気にいらないのだ!

きっとパパに買ってもらったに違いない。

こんな男に騙されつつある女の子が心配である。

 

f:id:yas-99:20180204115549j:plain

トヨタクラウンパトカー。

緊迫した場面を上手に表現している。

模型も小さいながらクラウンの特徴をよくとらえてある力作だ。

 

f:id:yas-99:20180204115540j:plain

このナウい少年の自慢の自転車がこれだ。

変速付き、そしてリアには「ウインカー」が装備されているのだ。

これは覚えてる!

当時、私も含めみんなが欲しかった。

高価なため買ってもらえず、親に買ってもらえた友達は鼻高々で、曲がる時わざわざウインカーを点滅させてた(笑)

当時は羨ましくてたまらなかったのだ!

 

f:id:yas-99:20180204115602j:plain

戦後初の国産旅客機「YSー11」なのだ。

これは大好きな機体なのだ。何度か乗ったことがあるのだが、あの独特なエンジン音はたまらないものがある。

民間ではすべて引退したが、自衛隊では数機が現役で最後の活躍を見せている。

 

いかがだったであろうか。
もう少しアップしたかったのだが。ページの限界らしい。

また第2弾で紹介しようと思うので楽しみにしてていただきたい。

今日もこんなどうでもいい内容にお付き合いいただき感謝である。



 

あぁ美しき末端社会人

私は世間の末端労働者である。

昨日は、そんな末端に生き、労働している同志たちで世知辛さをアルコール消毒してきたのだ。

 

f:id:yas-99:20180128091451j:plain

そんな我々を待ってる店がある。

 

f:id:yas-99:20180128091456j:plain

あぁ、なんという優しさ!

末端を生き抜いている者が集う「迎賓館」はここなのだ!

 

世の中を動かしているのは総理大臣でも大企業でもない。

我々名もなき末端労働者が動かしているのだ。

上から下りてくる「厳しさ」、「不条理」、「ご都合」、「命令」

それを受け止めなくてはならない末端の生きざま。

あぁ素敵だ。

 

アルコール消毒は世間の2等兵たちが重圧を解き放つ大切な行為である。

 

f:id:yas-99:20180128091459j:plain

まずはこの黄金色の消毒液で心の緊張を解す儀式からだ。

 

f:id:yas-99:20180128091512j:plain

あぁ「ホヤ酢」

黄金色の消毒液と併用することが大事。

酢の作用により、酷使している身体の緊張をやわらげるのだ。

 

f:id:yas-99:20180128091509j:plain

あぁ「ホヤ刺し」

ホヤ酢のあとは酢のない刺身の方も服用する。

この苦みともエグ味ともいえない、なんとも言えない感覚で不条理な世の中を忘れそうなエクスタシーに酔いしれるのだ。

 

f:id:yas-99:20180128091518j:plain

末端に生きる者たちの定番、「揚げ出し豆腐」

やわらかく、すぐ崩れる豆腐に自分を置き換えてしまうと悲しくなるが、頼もしい衣に覆われてみるとどうだろう。

あの豆腐のような私が、少し歯ごたえのある人格に生まれ変わったような錯覚に陥る。

内面に訴える揚げ出し豆腐の効能は確かなようだ。

 

f:id:yas-99:20180128091506j:plain

これも世間の底辺でもがく我々の定番だろう。

「串」は権力、不条理、理不尽の象徴である。

「身」の部分は正に我々といえよう。

権力、不条理感に刺されている私たち。

早く串から解放させねばならぬ!

 

串料理を服用することにより、「身」は体内に入り明日への活力に変化し、皿の上に残った「串」は刺す者を失い途方に暮れる権力の無残な象徴へと化す!

あぁ幸せだぁ。

 

f:id:yas-99:20180128091522j:plain

刺身盛りの服用。

アルコール消毒液、ホヤ、揚げ出し豆腐、串焼きという良薬で心と体の緊張を解き、権力の無残な最期を看取った私たち末端勢力であるが、「刺身盛り」という難敵の出現で状況は一変してしまった!

新鮮さ(新しい感覚)、彩り(カラフルな見栄え)贅沢(上級)といった我々がもっとも苦手とする部分の象徴であるからだ。

新しい(斬新な)感覚の吸収力は鈍く、常に地味に生き、贅沢は敵だとの認識で荒波にもまれて生きてきたのに。

 

f:id:yas-99:20180128091525j:plain

このぶ厚い赤身に魂を抜かれてしまった。

 

f:id:yas-99:20180128091503j:plain

とどめの一撃「あん肝」と「かにみそ」が現われる。

ここまで来ると制御不能

アン(あん)コントロールである。

このウケない一言に、オヤジ化した末端社会人の生きざまが集約されている。

 

結局、最後に自分自身の弱さを露呈してしまうという結果となってしまったが、厳しい世間を一瞬だけでも忘れることの出来る「良薬」を処方されたことの効能は大きい。

 

「与えられた場所で咲きなさい」

どこかで聞いた言葉だが、いい言葉である。

不満やわがままばかりでは花すら咲かないだろう。

状況はどうあれ、まず咲かなくては。

どんな花が咲いても、社会において何かしらの意味がある。

あぁ末端の花。美しそうだ。

 

 

 

 

 

あぁがんばれ!!ロボコン

今日は天気も悪くインドアに徹しているのだ。

そこで、ガチャで集めた「がんばれ!!ロボコン」のフィギュアを引っ張り出してみることにした。

私が子供の頃、このテレビ番組が大好きで、この番組により私自身の人間形成が一定の完成を見たと言っても過言ではないだろう。

 

そこで、この愛すべき「ロボコン」ファミリーを語ってみようと思う。

 

f:id:yas-99:20180121154038j:plain

主役の「ロボコン」だ。

動力は4気筒ガソリンエンジンという設定。

 

f:id:yas-99:20180121153954j:plain

「ガンツ先生」

ロボット学校の校長。

ロボットたちの日頃の活動を点数で採点する。

ロボコン」はいつも0点だった(笑)

 

f:id:yas-99:20180121153951j:plain

「ロビンちゃん」

ロボコンが憧れるヒロイン。

当時この役は島田歌穂さんが演じていたのだ。

ロビンちゃんは、ロボットなのかと思ったら、実はバレリーナ星のお姫様だった!

これは驚きだ!

 

f:id:yas-99:20180121154023j:plain

「ロボガリ」&「ロボメカ」

頭のいい兄弟ロボットなのだ。

いわゆる頭の良さを鼻にかけるイヤなタイプ。

 

f:id:yas-99:20180121154020j:plain

「ロボペケ」&「ロボパー」

ポンコツロボット。

初めから壊れているキャラ。ロボペケはテープが張ってある腹からガラクタをまき散らすし、ロボパーに至ってはよく体がバラバラになってたのが思い出される。

 

f:id:yas-99:20180121154010j:plain

「ロボペチャ」

看護師ロボット。

白衣の天使とはほど遠い風貌。

このデカイ注射器が怖すぎるのだ!

よくロボコンも注射器の餌食になってた(笑)

 

f:id:yas-99:20180121154030j:plain

「ロボクイ」

コックのロボット。

とはいえ、得意な料理は目玉焼きだけらしい。

 

f:id:yas-99:20180121154043j:plain

「ロボカー」

タクシーロボット。

現代は「自動運転システム」が注目だが、まさにその原型だろう(笑)

 

f:id:yas-99:20180121154027j:plain

「ロボワル」&「ロボガキ」

不良ロボットの設定なのだ。

アメフト風のデザインがそれっぽいが、「不良ロボット」というのが意味不明だ。

 

f:id:yas-99:20180121154004j:plain

「ロボイヌ」

探偵ロボットらしいが、けっこう自分で事件を捜査してたような印象。

どちらかというと警察官に近いと思う(笑)

犬は鼻がいいという事からのデザインだと思うが、頭のバケツは?

 

f:id:yas-99:20180121154040j:plain

「ロボプー」

見ての通り焼きいも屋。

よくオナラをしてた(笑)

一番好きなキャラだ。

 

f:id:yas-99:20180121153959j:plain

「ロボピョン」

ウサギ型のランドリーロボットなのだ。

コインランドリー風のお腹部分で洗濯をするのだが、よく失敗してた。

 

f:id:yas-99:20180121154014j:plain

「ロボゲラ」

僧侶ロボット。

頭が木魚(笑)

分かり易いキャラだが、私の印象は薄い。

 

f:id:yas-99:20180121154017j:plain

「ロボピン」

占い師ロボットなのだが、占う方法とは、胴体のパチンコに玉を弾くというもの。

もう訳がわからないのだ。

 

f:id:yas-99:20180121154007j:plain

「ロボリキ」

怪力の持ち主だが、燃料のガソリンをガブ飲みするらしい。

エコロジーな時代では活用が危ぶまれるかな(笑)

 

f:id:yas-99:20180121153948j:plain

「ロボメロ」

ロボコンを王子様と一方的に好意をいだいている。

この目鼻立ちは恐怖だ。デザインとかのレベルではない。

 

今日はこんなくだらないひとりごとにお付き合いいただきありがとうございました。

 

あぁ冬将軍が残したもの

先週の大雪によって大変な思いをした。

雪に慣れているとはいえ、度が過ぎていた。

f:id:yas-99:20180114133031j:plain



今日の新潟市はそこそこいい天気。

f:id:yas-99:20180120153958j:plain

あの大雪が嘘のような陽気。

 

 

f:id:yas-99:20180120155206j:plain

あの列車立往生。(写真は新潟駅。立往生によりダイヤが大きく乱れ、列車がぜんぜん来ないので積雪により線路が見えない)

15時間も閉じ込められた皆さんにとっては地獄だったであろう。

三条市側から救出バスの派遣を打診されたがJRが断ったという。

私は断ったJRを支持する。

 

立往生した場所は田んぼ地帯のど真ん中。

しかも夜間である。

 

もし、バスによる救出を試みたとしたら・・・

 

田んぼに阻まれバスは列車に近づくことができない。

よって、乗客は列車からバスの待機している道路まで徒歩で移動することになるであろう。

一面の雪により、田んぼは平らに見える。

雪の下はデコボコな地面。盛り上がったあぜ道もある。水路があることも考えられる。

とても危険だと思う。

ましてや街灯もない暗闇。

転倒。体の冷え。水路への転落。

小さな子供やお年寄りもいただろう。

400名以上の中から、バス乗車の優先順位だって混乱するだろう。

 

JRは苦渋の決断だったと思う。

 

f:id:yas-99:20180120155209j:plain

JRの雪に対する甘さがあったのも事実。

今回の事案で積雪監視カメラの増設、危機管理体制の強化等の改善策を行うとのこと。

早急な対応を希望する。

 

今回、列車に閉じ込められた乗客の方々、ご家族の皆様、大変お疲れさまでした。

 

 

 

あぁ平成30年消防出初式

今日は平成30年新潟市消防出初式が行われ、我が分団も参加してきた。

新潟市消防局、新潟市消防団の人員、車両、消防艇が参加して、車両による市内中心部パレード、その後、信濃川両岸からの一斉放水の段取りで式を行ったのだ。

 

f:id:yas-99:20180114132900j:plain

この度の大雪で車両待機所の雪かきからのスタート。

やれやれである・・・

 

f:id:yas-99:20180114132910j:plain

f:id:yas-99:20180114132904j:plain

消防局の車両が到着するも、積雪によって入口が狭くなっており待機所への進入も大変であった。

f:id:yas-99:20180114132938j:plain

やっとの思いで入場した消防局の大型車両。

 

f:id:yas-99:20180114132930j:plain

f:id:yas-99:20180114132933j:plain

消防団車両も同様であった。

それにしても、消防団の車は旧式化が進んでいるよなぁ・・・

 

f:id:yas-99:20180114132915j:plain

ぞくぞくと集結する消防団の各車。

f:id:yas-99:20180114132921j:plain

順序よく駐車するのも一苦労であった。

 

私は放水部署の係のため、パレードの写真がないことをお詫びする。

 

f:id:yas-99:20180114132947j:plain

放水場所に到着したのだ。

パレードを終えた参加車両の到着を寒さの中じっと待つ。

遠くを見る男たちの背中が頼もしいが、実際は寒さに耐えているだけの男たちの図。

 

f:id:yas-99:20180114133010j:plain

やっと放水場所に車両が集まってきたのだ。待ってる放水係員たちは寒さの限界一歩手前だったのだ。

 

f:id:yas-99:20180114133015j:plain

積載ポンプを設置。

さぁ、エンジンは一発でかかるか!

 

f:id:yas-99:20180114133006j:plain

消防艇も水上放水の準備にはいる。

 

サイレンの合図で一斉放水を行った!

私は放水作業のため、その模様を撮影できなかったことをお詫びする。

信濃川両岸と消防艇から水のアーチが一斉に噴き上がった!

 

f:id:yas-99:20180114133000j:plain

対岸に並ぶ多数の消防車両。

今年も火災のない平和な新潟市であることを願い、過酷な出初式は終了した。

 

f:id:yas-99:20180114133019j:plain

用具を収納し、それぞれの地域に戻るための準備を行う消防団の各車。

 

寒かったが、好天に恵まれた日であったことが何よりも良かったのだ。

大雪のあとの青い空。

消防団員の思いが通じたのだろうか。

 

f:id:yas-99:20180114133023j:plain

放水後の消防艇。

タンクに残った水を放水中。

行事終了後もなにかと大変なのである。

信濃川の水を吸い上げて放水を行ったのであるが、川の河口のため海水が混じる。

そのため、塩分によるポンプへの悪影響を防止するために真水を通す。

これは消防艇も我々のポンプも同じ。

私達の班も、終了後に地元の消火栓を使いポンプに水通し作業を行った。

 

みんな朝早くから準備、そして本番をこなしヘトヘトになった。

今年も1年、火災のない平和な日々が続くことを祈る。

 

最後に、本番でのポンプのエンジン、奇跡的に一発始動に成功したことを報告しておく。(この意味は1月7日のブログをご覧ください!)

 

あぁ 疲れた・・・

今日はこんなひとりごと

 

あぁ雪フルスロットル

基本的に新潟というところは「雪国」である。
が、それは県内の一部豪雪地帯あるいは山沿いの地域が主体であって、新潟市内は例年それほど大雪にはならない。
が、昨日から今日にかけてはひどかった。

f:id:yas-99:20180112185936j:plain
屋根

f:id:yas-99:20180112190004j:plain
バス

70センチ以上の積雪はここ最近記憶にない。

f:id:yas-99:20180112190144j:plain
朝から雪かき地獄だったのだ。

車から交通機関通勤になって4カ月。
来るときが来たな。 という感じなのだ。

交通機関通勤はいいのだが、その交通機関が来ない。

今、帰宅のバス内で記事を書いているが、このバスもかなりの遅れだった。
何とか乗ったのはいいが、記事をゆっくり書けるくらい動かないひとときである。

そろそろ新潟駅に着く。
さあ、電車は来るのだろうか。
自分自身の健闘を祈る!

あぁ脱力。