読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁゲンセンカン主人

あぁ、また偉大なるつげ義春先生の作品が読みたくなってしまったのだ。

漫画は特に好きではないし、だからこそ人生において漫画から受けた感動や影響もないはずだ。

そんな私がまたこれを手にとっているのだ。

1980年代に衝動的に買った1冊。

漫画なのだ。

「ゲンセンカン主人」

ねじ式

山椒魚

「通夜」

今日もつげ義春先生に私の感性はまんまと奪われてしまうのである。

f:id:yas-99:20170320084906j:plain