読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁYMO

何十年も前、私にも青春の時代があったのね。

そのころ、いや、もう少し前だったろうか。

幸か不幸か、出会ってしまったのだ。

偉大なる彼らの音楽に。

Y・M・O。

今でもこの呪縛から逃れられない私がここに存在するのだ。

f:id:yas-99:20170401141347j:plain

アナログ、デジタルとソフトが進化しようとも、

その時代のクオリティーに決して負けることのない崇高なる音源。

f:id:yas-99:20170401141343j:plain

不仲がささやかれていた時も、それぞれの音楽性を認め合っていたからこそ、

彼らが集合したとき、いつでもYMOになった。

f:id:yas-99:20170401141346j:plain

私は今でも彼らから離れられずにいる。

他に好きなアーティストがいないわけではないが、

私の根底に何かが居座っているうちは勝ることができない。

f:id:yas-99:20170401141345j:plain

崇高な何かが。

偉大な何かが。

結局、今、この時にでも結論が見えない存在だから、

果てしなく私は聴き続けなくてはいけないのだ。

そんな今日のひとりごと。