読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁ死して屍拾う者なし

昔のテレビ時代劇「大江戸捜査網」の話ではない。

見るも無残な、土に還るのをじっと待つだけの遺産。

人々の移動手段として奮闘してきたものの、屍としてなおこの世を漂いつづけるモノの姿である。

私にシャッターを押させた屍たちのありのままの姿なのである。

 

f:id:yas-99:20170415171426j:plain

崩れた屋根の重さに耐える屍

あぁ日産スカイライン

 

 

f:id:yas-99:20170415171348j:plain

倒れてきた鉄ゴミに正面から挑む屍

あぁダイハツフェロー

 

f:id:yas-99:20170415171349j:plain

めくれたボンネットが痛々しい屍

あぁトヨタクラウン

 

f:id:yas-99:20170415171346j:plain

あぜ道にて植物と同化しつつある屍

あぁホンダN360

 

f:id:yas-99:20170415171345j:plain

もともとがガイコツみたいな顔の屍

あぁスバルサンバー

f:id:yas-99:20170415171344j:plain

後ろ姿に至っては、悲惨そのものである。

 

f:id:yas-99:20170415171343j:plain

力尽きて地面にて目をカッと開いたまま息絶えた屍

あぁマツダコスモL

f:id:yas-99:20170415171342j:plain

屍と化しても、後部ピラー付近にはラグジュアリーサルーンとして生きた証が涙を誘うのである。

 

f:id:yas-99:20170415171351j:plain

廃屋に頭を突っ込んだまま息絶えた屍

あぁ三菱ランサー

GSRの文字がこんなに控え目だった時代に生きたランサー。

「エボリューション」とかなんとか威張ってる最近のランサーに見せてあげたい先祖の奥ゆかしさなのである。

 

死して屍拾う者なし。

 

その自らの姿をさらし、言い残したかった言葉をもじっとこらえたこのモノたちに

私はひとり、手を合わせる。