読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁワイン会

昨夜、私はワイン会に参加してしまったのだ。

f:id:yas-99:20170423051740j:plain

お酒は好きなのだが、ワインについてはたまに飲む程度。

今回のワイン会に行ってみた理由として、

いわゆる「肉には赤」とか、「魚には白」などという空気への反抗心と、

なんとなくご婦人方が「おホホホホ」「そうザマスのよ」といったハイソな環境でいただくお飲み物 みたいなイメージの払しょくに尽力しようと思ったからなのだ。

f:id:yas-99:20170423051736j:plain

私のクーデターはうまくいったのだ。

講師の先生も「友軍」だったのである。

どんな料理にもワインは合うのであった。

赤ワインは常温がすべてではなかったのである。

そもそも本場フランスと日本では気候も温度も違うのである。

本場から伝え聞く内容を知ったかぶりでイメージ付けた者に罪。

f:id:yas-99:20170423051738j:plain

ていうか、今や日本も立派な「本場」なのだ。

和食やおつまみで気軽にワインを飲もうじゃありませんか!

「たしなむ」ではなく「飲む」または「呑む」のである。

f:id:yas-99:20170423051739j:plain

参加して良かったのだ。

ワインと心の勝利感にすっかり酔った夜だった。