読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁアナログ盤2

午前中は仕事だったのだ。

天気もあまりよくなかったから、屋外がからむ仕事をする私としては晴れた日より なんとなく気が晴れない。

仕事帰りの車。

仮面ライダー」の変身ポーズのように連続して動くワイパーに催眠術をかけられた私は、滅入る気持ちの中で帰宅。

溜め息が求めていた。

滅入っている心が求めたのは活力ではなく、柔らかいひと時のようだ。

素朴な柔らかさを求めてアナログ盤にそれを託した。

f:id:yas-99:20170513133335j:plain

ジョージ ウインストン 「オータム」

春まっただ中だがオータムなのである。

ジョージ ウインストンのピアノは柔らかく私を包み込むはず。

f:id:yas-99:20170513133336j:plain

回るターンテーブルが、天気の悪さ、風の強さ、滅入った気持ち、

そんなものを少しづつ忘れさせてくれるようだ。

 

ジャケットを手に取る。

f:id:yas-99:20170513133346j:plain

また同じことを思い出してしまった。

自分が小さいということ。

 

柔らかなひと時を求めたはずなのに、結局、小さく、いじいじしてる自分に気づき滅入る。