自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁ赤と黒

赤と黒」 といっても映画の話でもないし、岩崎良美のデビュー曲の話でもない。

f:id:yas-99:20170820160036j:plain

 

コーラのことだ!

 

コーラといえば、この黒い色の炭酸飲料なのだが、なぜか赤いイメージ。

 

f:id:yas-99:20170820155955j:plain

缶の赤が印象的だからだろうか。

 

f:id:yas-99:20170820155936j:plain

いい感じだ。

f:id:yas-99:20170820155931j:plain

これもいい。

f:id:yas-99:20170820160032j:plain

「白」のアクセントもいい。

f:id:yas-99:20170820155920j:plain

たまらない。

 

f:id:yas-99:20170820160001j:plain

 

なんとも意味のない今日のひとりごと。

 

あぁビアガーデン2

6月10日にビアガーデンのことをブログしたが、昨日、今季2回目のビアガーデンに行ってきたのだ。

 

f:id:yas-99:20170819135455j:plain

ピッチャーから注いだのだが泡が半分というヘタクソな例。

 

f:id:yas-99:20170819135450j:plain

男らしく適当な焼き方の例。

 

f:id:yas-99:20170819135447j:plain

新潟の夏といえば、やはりこれである!

 

f:id:yas-99:20170819135502j:plain

丸ナスの漬物。肉よりも好評だった。さすがオヤジの味覚なのだ。

 

f:id:yas-99:20170819135443j:plain

いつまでもビールを飲み続けられないのがオヤジ。

「吉乃川」を熱燗で。

暑い中での熱燗がたまらない! オヤジ全開である。

 

8月も半ばを過ぎたので、ビアガーデン参戦もこれで終わりだろう。

楽しい仲間たちと交わすビールはいいものである。

ビアガーデンで英気を養い、社会の荒波に立ち向かっていきたいと誓う夜であった。

 

あぁ、美しいオヤジたちよ  永遠なれ

あぁ海水魚飼育7

f:id:yas-99:20170814121034j:plain

お盆休みも今日までの私。

明日から勤労の日々が再開すると思うと辛いのである。

そんな浮世の辛さを忘れることができるのが海水魚水槽である。

 

そんな水槽に新しい仲間が増えたのだ!

 

f:id:yas-99:20170814121058j:plain

ヒレナガハギ君なのだ。

 

f:id:yas-99:20170814121048j:plain

その名の通り、ヒレが上下に長く美しい姿なのである。

 

f:id:yas-99:20170814121055j:plain

新しい仲間にどう接していいのか戸惑う旧来のメンバーたちの様子。

いつも隠れているハタタテハゼ君(中央)も興味津津のようだ。(推測)

 

魚だけではなく、

f:id:yas-99:20170814121116j:plain

f:id:yas-99:20170814121043j:plain

最近、仕事をサボり気味だったシッタカ1号&2号も水槽ガラスの掃除を再開。

キレイなガラスで新しい仲間を歓迎したいらしい。(推測)

 

水槽の大きさからすると、このメンバー数が限度だと感じるので、しっかり面倒をみてあげようと思うのである。

海水魚水槽は、私にとっての憩いの存在なのだ。

今日は、そんなひとりごと。

 

 

あぁアナログ盤3

最近CD機器の調子がいまひとつなのだ。

音が飛ぶのである。

読み取り部分のトラブルなのか。

 

ということにより、現在のところアナログレコードの方が信頼できるわけだ。

音ミゾを針でなぞって再生するという「接触による関わり合い」が心強いわけだ。

 

世間でも同じかもしれない。

今は「接触」がなくても関わり合いが可能だが、その分トラブルも発生しやすい。

 

スピード感、わずらわしさの排除というのも大事な要素であるが、「接触」から得られる豊かさ、温かさは捨てがたい。

 

今日は80年代に活躍したバンド 「プラスチックス」のアルバムに針を落としてみた。

f:id:yas-99:20170812163718j:plain

世の中がアナログからデジタルに移行していく時代のニューウェーブバンドだった彼ら。

ツウ受けはしたが、時代がまだついてこれなかったのが悲しかった。

曲もデジタルを意識した歌詞や音作りなのだが、打ち込み音より実際の演奏の割合が多いところに過渡期を感じる。

 

f:id:yas-99:20170812163950j:plain

なんかいいぞ。

プラスチックス

あぁ迷彩模様効果

ミリタリーな分野で多く採用されている「迷彩」カラー。

字のごとく、迷わせる彩色であるのだが、効果はいかに。

おもちゃで実践してみたのだ!

f:id:yas-99:20170811084745j:plain

コンクリート上における戦車。効果はほぼない。

 

f:id:yas-99:20170811084742j:plain草原における様子。効果は微妙。

 

f:id:yas-99:20170811090135j:plain

こちらのような路面だと、濃い目の迷彩で効果がありそうである。

 

f:id:yas-99:20170811090146j:plain

湿地では微妙だが・・・

 

f:id:yas-99:20170811090156j:plain

上空から見ると視認が難しいかも。効果ありのようだ。

 

f:id:yas-99:20170811094806j:plain

75式自走榴弾砲実車

冬季迷彩であるが、上空からの視認には効果ありそうだ。

 

f:id:yas-99:20170811094849j:plain

Mー4戦車(実車

迷彩ではなく、草などで偽装した様子。草むらに紛れた時の効果は絶大だろう。

 

 

続いて、迷彩に迷彩はどうだろう。

f:id:yas-99:20170811084712j:plain

陸上自衛隊迷彩のCHー47ヘリコプター

なんともいえない効果。

 

f:id:yas-99:20170811084729j:plain

こちらは航空自衛隊迷彩の同機

溶け込んでいるようだ。

 

f:id:yas-99:20170811084722j:plain

RFー4E偵察機

まあまあの効果か。

 

f:id:yas-99:20170811084706j:plain

82式指揮通信車

あまり効果を感じない。

 

f:id:yas-99:20170811084739j:plain

Cー1輸送機

効果ほとんどなし。

 

f:id:yas-99:20170811084752j:plain

花柄の座布団における様子。

微妙だが、効果なしともいえない。

 

f:id:yas-99:20170811084725j:plain

上空から見た様子。

若干ではあるが、景色との同化効果ありか。

 

f:id:yas-99:20170811084716j:plain

今日もヒマ人のひとりごとにお付き合いいただきありがとうございました!

皆様にとっていい「山の日」になりますよう祈っております。

 

あぁ海水魚飼育6

現在、新潟に高温注意報が発令されているのだ。

ただただ暑いのだ。

ということで、今日は涼しげな我が家の水槽をブログする。

f:id:yas-99:20170806121626j:plain

60センチ水槽であるが、海水魚たちは元気である。

 

f:id:yas-99:20170806121552j:plain

デバスズメダイ

見た目はノーマルだが、うすいブルーの体色が涼しげな感じである。

 

f:id:yas-99:20170806121630j:plain

左端はシリキスズメダイ、真ん中上はカクレクマノミ、でかいのはヨスジリュウキュウスズメダイなのだ。

 

f:id:yas-99:20170806121556j:plain

普段、穴に潜ってばかりのハタタテハゼの撮影に成功したのだ!

 

f:id:yas-99:20170806121609j:plain

なんともいえない雰囲気がたまらないのである。

 

f:id:yas-99:20170806121545j:plain

相変わらずマイペースなプテラポゴンカウデルニ-なのだ。

 

合計6匹が水槽の住人たちであるが、水槽用クーラーがないのでいくら暖かい海の魚たちにもこの夏は辛いかもしれない。

 

f:id:yas-99:20170806121638j:plain

f:id:yas-99:20170806121612j:plain

f:id:yas-99:20170806121559j:plain

読んで下さった皆様がちょっとでも涼しく感じて頂けたのなら幸いでございます。

どうか、いい1日をお過ごし下さいね。

 

あぁ出稼ぎ

福島県にはすごい蔵元があったものだ。

機会があってそこの日本酒や梅酒を楽しんだのだが、驚いたのだ。

なぜかというと、

ウルトラ怪獣が仕込んだものだからだ!

 

酒といえば米。

 

f:id:yas-99:20170805132236j:plain

酒米の稲を田植えしたのは「ダダ」らしい。

 

f:id:yas-99:20170805132241j:plain

稲刈りは「レッドキング

 

f:id:yas-99:20170805132259j:plain

仕込みは「ゼットン」である。

ウルトラマンを倒したゼットンは蔵人となり、酒造りで罪滅ぼしをしているらしい。

 

f:id:yas-99:20170805132255j:plain

メトロン星人」は貯蔵タンク管理の要職だ。

 

梅酒はというと・・・

 

f:id:yas-99:20170805132246j:plain

f:id:yas-99:20170805132250j:plain

「ダダ」が収穫から漬け込みまで作業していたのだ。

地球人を恐怖に陥れた彼らは、今や蔵人たち。

それにしても、グローバルだ。