自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁ3輪車

3輪車といっても子供が乗るアレではない。

自動車という分野でのアレである。

 

 

f:id:yas-99:20170723110306j:plain

 

かつての日本では、小規模物流を支える手段として3輪トラックがあったのだ。

乗用タイプの3輪車もあったのだが、やはり手段としては苦しい部分もあり、荷物の輸送での活躍が主流だったようだ。

 

f:id:yas-99:20170723110308j:plain

車というよりはバイクに近いのだ。

しかし、狭い街並みのようなエリアでは現代でも重宝しそうな感じである。

 

f:id:yas-99:20170723110311j:plain

これは模型だが、普通の車では通りづらい小道での貨物輸送にはもってこいの車であったと察する。

 

f:id:yas-99:20170723110309j:plain

こうなると、一段と「車」に近い印象。

なんともかっこイイのだ。

 

f:id:yas-99:20170723110310j:plain

こちらはトミカ

幌がないスタイルもたまらない。

 

f:id:yas-99:20170723110307j:plain

マツダの3輪トラックである。

軽自動車ではないが、愛嬌のある顔つきがいい感じである。

今、考えると、こんなトラックが当たり前に走っていた時代があったと思うと微笑ましい。

 

安全面、バランス、強度といった点ではどうかとも思うが、ある意味エコロジー感はあるような気がしないわけでもない。

乗用タイプでは電気自動車などでの小型コミューターの開発はされているみたいだが、またこのような3輪トラックが走る世の中も面白そうだし、活躍も期待できそう。

 

昭和の高度成長期のギラギラ感いっぱいの雰囲気満点の3輪車。

実にいいのだ!

 

 

 

 

 

 

あぁ756号

756号。

この数字にピンときた読者は若者ではないだろう。

そうである。

あの王 貞治さんのホームラン世界新記録達成の756本である。

 

我が家にはそんな時代の野球盤が残っている。

私が幼いころ遊んだものだ。

 

f:id:yas-99:20170722151215j:plain

すばらしいのだ。

パッケージ写真は懐かしの「後楽園球場」である。

 

f:id:yas-99:20170722151216j:plain

このシールが泣ける。

この野球盤で遊んだころを思い出すのだ。

 

f:id:yas-99:20170722151218j:plain

「5大特長」(笑)

 

f:id:yas-99:20170722151217j:plain

中身である。

当時の野球盤は守備位置が固定だったが、これは位置を自由に移動出来たのが先進的であった。

いわゆる「王シフト」の守備位置も再現できたのだ。

 

f:id:yas-99:20170722151220j:plain

大手他社の製品には「消える魔球」システムがあったが、このツクダ製にはなかった。

 

f:id:yas-99:20170722151219j:plain

連続投球ができる大型のピッチングシステムがおおらかで涙を誘うのだ。

 

f:id:yas-99:20170722151222j:plain

そして信じられないのがセンターのラッキーゾーン

これにより、王選手と同じようにホームランを量産できたわけなのだ!

つまり、この野球盤で遊べば756号ホームランも短期間で達成できたのである。

 

程度が良ければ、オークションとかでそれなりの価値があるかもしれないが、パーツ欠品、汚れも多い。

なぜかずーっと我が家に放置されていたのだが、私の数少ない幼少期の思い出としてこれからも大事に保管しておこうと思う。

今日はこんなひとりごと。

あぁダットサン

先日、会社の倉庫を整理してたら「ダットサン1号車」のライターを発見したのだ。

だれも興味を示さなかったが、私はこの「ダットサン」の魅力に引き込まれたのだ。

もらってもいいとの事だったので頂戴した。

勤務してる会社は「車」とは無関係なのでここにあった経緯はナゾなのだ。

 

f:id:yas-99:20170717101632j:plain

ずっしりと重いし、プロポーションもなかなかいいのだ。

 

f:id:yas-99:20170717101628j:plain

f:id:yas-99:20170717101629j:plain

f:id:yas-99:20170717101631j:plain

ホイールの真ん中にもDATSUNの文字が記されていて感動である。

 

さて、問題はライター機能である。

ボンネット上にそれらしき装置があるのだが、

f:id:yas-99:20170717101630j:plain

押しボタンも見当たらない。

どうやって火を点けるのだろう・・・・

 

どこをしつこく見ても分からなかったのである。

 

何となくあやしいのは、

f:id:yas-99:20170717101636j:plain

ハンドル。

 

引っ張ってみたら壊れそうだったので、

f:id:yas-99:20170717101633j:plain

押してみたのだ!

 

f:id:yas-99:20170717101634j:plain

なんということでしょう。

火花と共にライター部分がポップアップしたのである!

なるほど。

 

f:id:yas-99:20170717101635j:plain

こんな感じである。

スパイ映画の隠し武器のように見えるのは私だけだろうか。

 

3連休の最終日という節目において、私はこの日本の名車と戯れている。

こんないい天気なのに室内でダットサン

あぁ、何と文化的な余暇の過ごし方なのだろう。

そんなひとりごと。

 

あぁ信濃川河口

今日の新潟市は悪天候なり。

時より激しい雨も落ちてきて風も強いのだ。

息子がイベントに行きたいと言うので会場へ。

仕事でこの辺りに来る事はあるが、このエリアを歩くのは久しぶりだったかも。

f:id:yas-99:20170716150628j:plain

信濃川河口に係留されているヨット群なのだ。

少しの間、小雨になったが灰色の空の下ではヨットたちも映えない。

 

f:id:yas-99:20170716150629j:plain

あっ、そうか。明日は海の日だったなぁ・・・

 

f:id:yas-99:20170716150630j:plain

灰色の空の友達みたいな灰色のフネがいたのだ。

 

f:id:yas-99:20170716150631j:plain

海難救助隊の「わしかぜ」

本格的な夏の到来! 海の事故がないよう願いたいものである。

でも、いざという時には頼りになる存在なんだろうな。

まぁ、このフネが活躍しない事を祈るけど。

 

f:id:yas-99:20170716150632j:plain

一番河口に近い「柳都大橋(りゅうとおおはし)」を見る。

有名な「萬代橋(ばんだいばし)」は、ここよりひとつ上流にある。

 

せっかくここまで来たので、「朱鷺メッセ」というコンベンション施設にも寄ってみた。

f:id:yas-99:20170716150633j:plain

エレベーターで31階まで上がり見下ろしたのだ。

漁港エリアだが海上保安庁の巡視船や水産庁のフネなんかも見える。

雨模様で気分爽快というわけにはいかないひとときだったが、自分の住む町の一角をのんびり散歩してみるのもいいかもしれない。

そんな今日のひとりごと。

あぁトイレには絶景もあれば損もある

世の中3連休という中、不愉快な内容&画像をお見せする事となりました件についてお詫び申し上げます。

 

まずこれ。

f:id:yas-99:20170714202941j:plain

某所のトイレである。

 

f:id:yas-99:20170714202956j:plain

その窓からの景色である。

夏の緑がすばらしい。

「だんだん晴れてくるよ~」 みたいな雲の様子もいいのだ。

 

問題は次である。

f:id:yas-99:20170715155232j:plain

某所のトイレ。

入口が2か所であった。

どちらに行こうか。

私は右利きだから、ノブが左についている方が入りやすい気がするなぁ・・・

まあいいか。

 

ノブを回して入ったら

 

f:id:yas-99:20170715155233j:plain

これだよ。

どっちから入っても中は繋がっていたのである。

つまり、右側で人が使用している気配を感じ、左側から入ったとしても、

「あっ、どうも」と言葉を交わさなくてはならない状況となるのである。

知り合いならまだしも、まったくの他人だったらお互いになんとなく気まずくなり、二人そろって天井を見たりする行動にでる場合もよくある。

 

入る前に少し悩んで損したのだ!

 

以上、 「トイレには絶景もあれば損もある」

といった今日のひとりごと。

あぁ呑み切り会

昨日、新潟県内のとある酒蔵へ行ってきたのだ。

「呑み切り」という儀式を見学するためである。

「呑み切り」とは、搾った酒を貯造するタンク内で熟成中の酒の途中経過を確認するための作業らしい。

普通は酒造りに関わる方々のみで行うものだと思うが、こうして日本酒愛好家を交えて見学させていただくのもいいもんである。

 

f:id:yas-99:20170714202935j:plain

貯造タンクである。

 

f:id:yas-99:20170714202921j:plain

タンク上部。

 

f:id:yas-99:20170714202925j:plain

けっこう高いからちょっと怖いのだ!

 

f:id:yas-99:20170714202914j:plain

「呑み切り」の儀式。

f:id:yas-99:20170714202917j:plain

タンク内の酒は香りも強めで荒々しい感じを受けた。

 

f:id:yas-99:20170714202929j:plain

タンク別の「呑み切り」の利き酒もあった。

これだけの種類の利き酒をまともにやったら酔っぱらいオヤジに変身する事間違いなしである。

 

f:id:yas-99:20170714202938j:plain

酒米を育てている田んぼも見学。

これは「越淡麗」という酒米の稲である。

 

熟成中のお酒を味わい、その酒の原料となる酒米がすくすくと育つ田んぼも見学できて、今まで以上に日本酒が好きになりそうである。

いい一日であった。

 

あぁ炎天下

あぁ炎天下。

昨日、仲間たちとバーベキューをしたのだ。

気温は30度以上。

良く言えば絶好のアウトドア日和。

だが暑過ぎ。

しかし、昼間から気の合う仲間たちとのバーベキューというのは暑さより楽しみ指数は高いものである。

f:id:yas-99:20170710203152j:plain

コンロ準備よし!

 

f:id:yas-99:20170710203155j:plain

一番大事な生ビールも準備OK!

 

f:id:yas-99:20170710203149j:plain

完璧な「座敷」

 

f:id:yas-99:20170710203044j:plain

こんな日には」椅子の日よけ傘は必須。

 

f:id:yas-99:20170710203048j:plain

にわか料理人たちの活躍風景なのだ。

ブラックジャックが医師免許がないのに高度な医療処置を行うのと同じように、

この料理人もまた無免許ながら優秀な焼き職人なのである。

 

f:id:yas-99:20170710203056j:plain

無免許調理職人の技というより素材の良さだろう。

こんなサシの入った肉を見るのはどのくらいぶりだろうか。

 

f:id:yas-99:20170710203100j:plain

こんな高級なタンは人生初かもしれない。

 

f:id:yas-99:20170710203033j:plain

もちろん海鮮もいただいたのだ。

サザエでございま~す。

f:id:yas-99:20170710203029j:plain

ビールも飲み倒し、ワインも飲み倒したのである!

 

f:id:yas-99:20170710203041j:plain

焼きそばの下ごしらえである。

無免許調理師の華麗なる両手のトングさばきが見事である。

 

また機会をつくって楽しみたいのである。