自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁトロッコ、旧車、そして紅葉

だいたい週末あたりにブログを更新するスタンスだったが、先週はできなかったのだ。

 

理由は、とある団体の研修旅行に参加していたためだ。

 

行った先は富山、石川方面であった。

 

f:id:yas-99:20171113153946j:plain

初日は「黒部峡谷鉄道」 いわゆるトロッコ電車なのだ!

初めて来たわけであるが、鉄道好きの私のモチベーションはいきなりマックスなのは言うまでもない。

 

f:id:yas-99:20171113153953j:plain

線路幅762ミリの「ナローゲージ」の鉄道にうれし涙がこぼれた。

あいにくの天気であったが、そんなことは関係ないのである。

 

f:id:yas-99:20171113153950j:plain

屋根付き車両に乗ったのだが、個人的にはオレンジ色のオープンタイプの方がよかったという感じ。この天候の中、こんなふうに思っていたのは多分私だけだろう。

 

f:id:yas-99:20171113153946j:plain

f:id:yas-99:20171113154012j:plain

この小さな機関車、なんとも言えない味わいがある。

 

f:id:yas-99:20171113153937j:plain

かわいい貨車もあったのだ! 風景も素晴らしかったのだが、どちらかというと鉄道車両を見ている方がワクワクする。

現に、車窓からの風景写真は撮っていない(笑)

 

山代温泉に一泊し、翌日の研修一か所目は小松市にある那谷寺(なたでら)。

f:id:yas-99:20171113154018j:plain

養老元年(717年)開創らしい。

f:id:yas-99:20171113154025j:plain

少し歩いた所の展望台からの景色はご覧の通り大変素晴らしいものであった。

 

那谷寺を出て研修二か所目は、

f:id:yas-99:20171118153522j:plain

こちらも小松市にある「日本自動車博物館」

 

f:id:yas-99:20171113153000j:plain

まずは有名な「トヨタ2000GT」

デザインの美しさは言うまでもないが、意外とコンパクトなサイズ。

 

f:id:yas-99:20171113153118j:plain

こちらは大好きなハコスカ。(スカイライン2000GT)

「GT-R」でなく、普通の「GT」を展示してあるあたりがたまらないのである。

(グリル左のエンブレムは通常ないのだが・・・)

 

f:id:yas-99:20171113153030j:plain

いすずのボンネットバス。 顔つきの芸術的センスは現代の車では味わえないだろう。

 

 

ここまでは割とメジャーどころの旧車だが、さあ、お待ちかねの渋い展示車だぁ~!

f:id:yas-99:20171113153052j:plain

マツダコスモL。いいですねぇ~

 

f:id:yas-99:20171113153037j:plain

マツダロードペーサー。 とても国産車には見えない貫禄。もちろんロータリーエンジン搭載なのだ! 

 

f:id:yas-99:20171113153010j:plain

いすずフローリアン。 もう渋すぎて言葉も出ないのだ!

 

f:id:yas-99:20171113153110j:plain

三菱ギャランラムダ。 ギャランシグマの後に発売されたスペシャリティーカーだったのだ。当時、角型のヘッドライトは斬新だった。

 

f:id:yas-99:20171118153556j:plain

軽自動車に至っては、表情が愛くるしすぎてたまらない。

 

f:id:yas-99:20171113154028j:plain

旧車の重鎮、「スカイラインスポーツ」

生産台数も少ないが、何よりも顔つきの怖さは別格なのだ!

 

もちろん、消防車の展示もあった。

f:id:yas-99:20171113153105j:plain

エンブレムが「消防庁」ではなく「消防団」だ!

多分、この時代は「警防団」だっただろうが、マークが現在の消防団と同じという事に驚いた!

 

f:id:yas-99:20171113153042j:plain

自衛隊で使用したトラック。 機能重視とゴツさが男らしい。

 

このほかにも多くの魅力的な車が展示されていて、いつまでも飽きないのだ!

 

こんな感じで研修旅行を終えたのであったが、この団体の研修旅行についてひとつ感じたのが、「鉄道」、「旧車」を巡る内容が「私のためだけの研修旅行」だったような気がしてならない。

偶然なのだろうが、有り難くもあり、とても幸せであった。

 

とある団体様、ありがとうございました!

 

今日はこんなひとりごと。

あぁ消防団10

昨日11月3日、我が地域の消防団で秋季消防演習が行われた。

もちろん私も参加し、日頃の訓練の成果を発揮した。

 

f:id:yas-99:20171104122440j:plain

まず、参加前に我が班の消防車を点検。装備等異常なしっ!

 

f:id:yas-99:20171104122443j:plain

積載ポンプもエンジン始動。 異常なしっ!

 

さぁ!演習会場へ移動。

 

f:id:yas-99:20171104122434j:plain

各班の消防車両集結! 地域防災に貢献するまぶしい姿である。

 

参加人員集合のあと、永年勤続者の表彰、通常点検等の訓練を行った。

 

そして、演習のメインとして一斉放水訓練に移る。

 

f:id:yas-99:20171104122447j:plain

放水訓練参加者は、防火服を着用。

 

f:id:yas-99:20171104122502j:plain

指揮官からの連絡や号令の受信や、各班の準備状況を伝えるトランシーバーのチェックも大事なのだ。

 

f:id:yas-99:20171104122515j:plain

防火服着用後、整列し、指揮官が「訓練開始申告」を行う。

 

f:id:yas-99:20171104122455j:plain

その後、各車両は放水訓練エリアへ急行する。

 

f:id:yas-99:20171104122426j:plain

訓練エリアにて、中継放水訓練の準備にとりかかる。

(※中継放水とは、水利(水)から火災地点が遠い場合、延ばしたホースの間に複数のポンプを挟み水圧の低下を防ぎながら水を送る方法)

迅速に、確実に、事故やケガに注意しての作業である。

 

f:id:yas-99:20171104140335j:plain

「放水開始っ!」の命令。

3線のホースから勢いよく水が放たれたのだ!

f:id:yas-99:20171104140331j:plain

筒先(水の出る部分)にはものすごい圧力がかかる。

もし、うっかりホースを放してしまったら、水圧によりホースが暴れて大けがを負う可能性もある。筒先の団員は水圧に負けないよう踏ん張りながらの放水を行っているのだ!

 

「放水やめっ!」の号令で放水中止。

無事に訓練プログラムを終了した。

これからは寒くなりストーブなどの使用も増える。

火災が発生しやすくなる季節を前に、このような本格的訓練を行う意義は大きい。

今一度、緊張感をもって地域の安全を願い、消防団活動を行っていきたい。

f:id:yas-99:20171104115742j:plain

と、感じた「足長おじさん」であった。

 

あぁ日本酒イベント

昨夜、私はとある日本酒イベントに参加してきたのだ。

f:id:yas-99:20171029142715j:plain

新潟市中央区本町の「八重」というお店でのイベントだった。

炭火で焼き上げる串焼きが楽しめるお店らしい。

 

f:id:yas-99:20171029142711j:plain

「大洋盛」という日本酒を発売している大洋酒造の別ブランド「北翔(ほくしょう)」をメインとしたイベントだった。

この北翔という酒、普通酒純米吟醸も精米55%で高品質。淡麗な辛口で、飲み飽きしない味わい。これはいい酒に出会ったものだ!

大洋酒造は新潟県の北部、村上市の蔵元。いい仕事をしている酒蔵だと感じた。

 

参加してた人数は21名。ほぼお店のキャパいっぱいで大盛況だった。

 

f:id:yas-99:20171029142701j:plain

テーマは「飲む温度による日本酒の味わいの違い」というもの。

冷酒、ひや(常温)、ぬる燗 あつ燗での味わいの違いを楽しむのだが、へぇ~っ、温度を変えると、それぞれの良さが際立つものだ! 目からウロコだった。

 

f:id:yas-99:20171029142708j:plain

蔵元の酒粕をつかった料理や村上茶で食べるお茶漬、抹茶を活かしたスイーツなども楽しめた!

(写真はお茶をかける前のお茶漬)

 

アトラクションとして「酔っ払い川柳」も行われ、酔っぱらっているからこそ読める川柳の数々に皆さんで盛り上がった。

 

イベントに夢中で、写真をあまり撮れなかったのが残念であったが、お酒はもちろんのこと、お料理も格別だったのだ!

 

気さくな女将さんと明るいスタッフさんのお店で居心地も良かった。

そして、この日の講師だった「大洋酒造」のAさんもユニークな方で話も面白かった。

このイベントに参加して、私も少しだけ「酒ツウ」に近づけたような気になった!

 

もう何回も不定期ながら行われているイベントらしく、「酒勉(さけべん)」という名前がついているとのこと。

 

また参加してみたいと思った。

 

なんと、はてなブログで「八重ちゃん日記」というページがあるとのこと。

こちらの記事にも注目だ!

 

今日はこんなひとりごと。

 

 

あぁハロウィンといえば中嶋悟

この時期、ハロウィンで盛り上がっているようだ。。

もちろん今の私にとって、そんなものに興味はない。

 

ただ、世知辛い世の中、たまにはこういったもので愉快に楽しんでみるのもいいとは思う。

 

さて、いくら興味がないとはいえ、こんな私にもハロウィンの思い出がないわけではないのである。

 

それも1991年である!

まだハロウィンってなに? そんな時代だ。

 

なんと、私はイベントに参加してたのである!

今から26年も前である。

言わば、私は先駆者の1人なのだ。

 

f:id:yas-99:20171028141616j:plain

これが先駆者の仮装である。

当時Fー1に参戦してた中嶋悟のレーシングスーツ姿に仮装したのだ。

ロータスチーム時代のイエローのスーツが私で、ティレルチーム時代のホワイトのスーツが友人なのである。

もちろん自作である。(ほぼ友人の自作!)

 

ハロウィンにおいて、中嶋悟選手のFー1ドライバーとしての歴史を表現するという画期的な仮装だったのだ!

 

私達2名は、ハロウィン仮装の先駆者としての役割を見事に果たしていたのである。

 

ゲームのキャラクターもいいだろう。

映画のスターになりきるのもいいだろう。

 

そんなハロウィンにおいて、仮装には無縁であろう中嶋悟氏の輝かしい歴史を再現した私と友人の功績は大きいといえるであろう。

 

f:id:yas-99:20171028145246j:plain

ということで、

私にとって、ハロウィンといえば中嶋悟なのである。

 

Fー1にフル参戦した日本人レーサーの先駆者 中嶋悟

 

ブーム前のハロウィンに仮装参加した先駆者 村ちゃん。

 

 

Fー1という厳しい世界でトップを争い続けるがゆえの苦悩との戦い。

慣れない仮装で人様の前に立つ空前の恥ずかしさとの戦い。

 

先駆者とは、常に戦いである。

 

戦いの場は違えども、ある意味通じあった先駆者同志。

お互いをたたえ合う日がいずれ来るであろう。

 

今日はそんなひとりごと。

 

 

 

あぁ鉄道通勤での楽しみとボヤキ

最近のブログでもしつこく書いている「交通機関による通勤」

車から交通機関での通勤になってしまってから3週間。

順応努力での疲れが出てきたこのごろである。

 

バス&鉄道での通勤なのだが、以前にも触れたように私はとりあえず「鉄道好き」

辛い通勤ではあるが、日常的に「鉄道」と接することができる機会となった事は不幸中の幸い。

 

よって、私はこのささやかな楽しみに命を賭ける事に決めた。

 

今回の出会いは「リバイバルカラー」

 

f:id:yas-99:20171021154021j:plain

この115系電車のカラー。

まだ幼かったころの私が当時の記憶として鮮明に残っている「新潟色」なのだ。

 

f:id:yas-99:20171022140723j:plain

これは模型だが、これが当時の70系電車による「新潟色」。

当時、この電車が新潟地区に転属でやってきた際、雪景色では目立たず危険との理由でこのカラーに塗り替えたらしい。

転属時はクリーム色とブルーの、いわゆる「横須賀色」だったと聞いた。

たしかに、ブルーよりはこの赤系の方が目立つ気がする。

 

ぜひ、リバイバルカラーに塗られた115系電車が雪原を走る姿を見てみたいものだ。

 

次はこの問題作である。

f:id:yas-99:20171021154027j:plain

たしかに懐かしの国鉄ディーゼル急行色のリバイバルなのだが・・・・

 

車両の選択が・・・

 

f:id:yas-99:20170212170521j:plain

元は、この近郊型の「キハ47型」なのだ!

 

 

f:id:yas-99:20160211134748j:plain

理想しては、急行色である以上「急行用」ディーゼルカーであるべきだろう。

(写真は急行用車両キハ58系の模型)

 

くだらない戯言かもしれないが、最初に紹介した115系「新潟色」は、昔の70系電車同様「近郊型電車」でのリバイバル

 

なのにディーゼルカーの方は「近郊型」車両に「急行色」の再現。

 

このエリアでの在籍車両の関係上仕方のないことなのだろうが、

キハ47でリバイバルカラーをやるんだったら、

 

f:id:yas-99:20171022150648j:plain

JR東日本・鳥山線でのように「標準色」でのリバイバルの方が自然な気がする。

(写真は模型)

 

ささやかな楽しみに命を賭けると言いながら、慣れない通勤での心的不満が顔を出し、今日も自分勝手な言い分を語ってしまったが、本心としては車両がどうあれ、このようなリバイバルカラーで我々を楽しませてくれるJRさんには感謝なのである。

 

もう、こんなこと言いませんからJR様、今後とも宜しくお願い致します!

 

そんなひとりごと

 

 

 

 

 

あぁ福島2

福島研修旅行の2日目。

 

f:id:yas-99:20171021153953j:plain

鶴ヶ城

お城を見たのは久しぶりだった。

 

城はもちろん素晴らしいのであったが、

印象に残ったのは、

f:id:yas-99:20171021153948j:plain

これ。

石よりも、これを積み上げた時のエピソードが愉快だった。

 

もちろん、クレーンなどの重機もない時代だから人力で積んだ。

さすがに重労働。

作業する男だってイヤになるわなぁ。

 

そこで!

 

女性(遊女)を石の上に座らせたらしい。

男たちは目の色を変えて力を発揮(笑)

見事に石を恐るべきパワーで積んだとの事。

 

男ってなんて分かりやすい生き物なんだろう(笑)

 

この積石は「遊女石」と呼ばれているとの事。

男たちが作り上げたモノの名前が「遊女石」

後から、なんか複雑な思いをしたにちがいない。(と、思う)

 

会津武家屋敷

の、トイレ

f:id:yas-99:20171021153941j:plain

実にいい。

 

f:id:yas-99:20171021153957j:plain

下からは排泄物が運びだせるようになっていた。

これを仕事とする係もいたんだろうなぁ。

 

というように、

今回の研修旅行、たくさんの事を学び無事に帰って参りました。

また現実の生活に勤しみます。

 

それでは皆さん、いい週末を。

 

あぁ福島

とある絡みで福島に昨日から来ているのだ。
一応、研修旅行である。

f:id:yas-99:20171020132909j:plain
宿泊は星野リゾート

f:id:yas-99:20171020133120j:plain
とりあえず今朝は気持ちよく目覚めた。

前日は、
f:id:yas-99:20171020133450j:plain

おいしく「わっぱ飯」と、

f:id:yas-99:20171020134034j:plain
f:id:yas-99:20171020133659j:plain
「飛露喜」の純米大吟醸をいただいた!

そして、
f:id:yas-99:20171020133948j:plain
野口英世記念館と、

「ダリ」の企画展を見学したのだ。

芸術には詳しくないが、有名なひしゃげた時計の作品は興味深く拝見した。

もちろん作品の撮影はダメなので入り口のマットの写真でご勘弁を。
f:id:yas-99:20171020134718j:plain

福島の会津地方訪問は小学校の修学旅行以来なのだが、只今、有意義な2日目を過ごしている!

その模様はまた。

そんなひとりごと。