自己中心的ひとりごと

心の濾過装置にひっかかったひとりごと

あぁ海水魚飼育9

すっかり寒くなってしまった。

温かい環境なのは飼っている海水魚ばかりだ。

とはいえ、またしても水替えをサボり気味の私。

温かい環境はうらやましいが、水質の悪化は飼い主としての責任と反省なのだ。

 

年末だからという訳でもないが、海水魚たちの生活環境の改善をはかるため、本日「水替え」を敢行したのである!

 

幸い、天候もまあまあのコンディションで、気持ち良く作業ができたのは喜ばしい。

 

f:id:yas-99:20171210141316j:plain

水槽掃除の間、避難してもらったのだ。

寒い時期なのでヒーターを設置して仮の水槽で待ってもらった。

撮影者の私が心霊写真のように写りこんでいるのが不気味なのだ。

 

そういえば、先日、「ヒレナガハギ」が旅立ってしまった。

f:id:yas-99:20170814121058j:plain

かわいそうな事をしたと反省している。

 

掃除中、サンゴ砂を洗っていると発見してしまった!(閲覧注意)

f:id:yas-99:20171210141241j:plain

「ゴカイ」である。

水槽掃除をサボったからか、こんなに成長したゴカイがいたのだ。

しかし不思議なものだ。なんでこんな生物が現われるのか。

 

グロテスクはこのへんにして、

今回、水槽の新しい仲間(?)を紹介する。

 

f:id:yas-99:20171210141245j:plain

イソギンチャク君である。

しかもニセモノ(笑)

昨日、人工海水を買いに行った際見つけたのだ。

ゴム製なのだが、なかなかリアルな水中アクセサリー。

自然界ではイソギンチャクと共生している「クマノミ」だが、水槽で飼っているクマノミ君が入ってくれるか楽しみである。

 

水槽掃除と水替えが終わり、水温が上がるのを待つ間、自宅の庭で時間をつぶした。

f:id:yas-99:20171210141304j:plain

先日降った雪が残っているのだが、もみじの葉がひとつふたつ。

去った秋のさびしさと、冬の訪れを同時に感じたのだ。

 

f:id:yas-99:20171210141259j:plain

これからの季節、新潟はモノクロームな色彩となる中にあって、こんな綺麗な「赤」

 

f:id:yas-99:20171210141256j:plain

倉庫横には収穫した玉ねぎ。風通しのよい環境で保存しているのだ。

 

f:id:yas-99:20171210141250j:plain

水温も適切な状態となり、海水魚たちを移動。

人工海水が馴染むまでは水が白っぽいが、透明になるころには水質にも慣れて元気に泳ぎ回るだろう。

 

今日はそれほど寒くない日だったが、明日からは雪の予報。

厳しい冬本番に向け覚悟して一日一日を戦っていこうと思う。

 

あぁ 海水魚がうらやましい。

 

今日はこんなひとりごと。

あぁ防寒

社用車による通勤が禁止になり、交通機関を使っての通勤になって2カ月経過。

その方式になってから初めての「冬」を迎える。

f:id:yas-99:20171203112113j:plain

さぞかし寒かろう・・・  (※写真は普段の路線ではありません)

 

車なら自宅から会社までの間、ヒーターの効いた車内で移動できたが、鉄道やバスとなると車内は別として、降りてから屋外を歩いたりするし、何よりも駅のホームやバス待ちにおいて屋外で寒さとの戦いが想定される。

 

今まで考えたことのない「通勤防寒」という必要性が生じてきた。

 

あと、静電気。

待合室のドアの取っ手で最近「パチッ」とくるのだ。

それがイヤなので、服の袖を延ばして手を覆ってドアを開け閉めしてるのだが、「潔癖症」みたいに見られているようで感じが悪い。

 

そんな中、義母が手袋と首巻をプレゼントしてくれたのだ!

f:id:yas-99:20171203111508j:plain

涙が出そうなくらいうれしかったのである。

なんといっても、義母は私の「迷彩」好きを理解してくれていたのが感動だ。

 

もともと「首巻」は持っていたが、(写真右)

f:id:yas-99:20171203111512j:plain

別パターンの迷彩首巻をプレゼントしていただいたことにより、通勤をよりファッショナブルに楽しめることとなりそうだ(笑)

 

今までの人生、「ファッショナブル」などという言葉が無縁だった私。

今回のありがたいプレゼントを機に、辛い冬季間の通勤をファッショナブルに装ってみようか。

 

いや、冷静になれ。

 

「鏡よ鏡よ鏡さん・・・」

 

あぁ この顔  あぁ このお腹・・・・

 

無理だろうな・・・・

 

 

あぁファミコンウォーズ2

私がはてなブログを始めて間もないころ、「あぁファミコンウォーズ」という記事を書いた。

そこでも言っていたように、今でも時間があるとプレイしている。

f:id:yas-99:20171202152906j:plain

 

ファミリーコンピュータ」という昔大ヒットした機器はとっくに壊れてしまったので、現在は「ファミレータ」という機器で遊んでいる。

f:id:yas-99:20171202150031j:plain

かなり前から使っているのだが、故障もなく機能しているのだ。

f:id:yas-99:20171202152900j:plain


しかしながら、最近コントローラーの反応に経年疲労が見られてきたのと、ソフトのバックアップ機能が死んでいる状況により、何とかしたいと感じていた。

バックアップが出来ないと、途中でゲームをやめた場合に最初の画面になってしまい脱力感120%という悲しい現実を味わってしまう。

 

f:id:yas-99:20171202150044j:plain

 

現代のハイテクゲーム機器やスマホを駆使したゲームで似たようなものはあるのだろうが、最近のハイレベル化には頭がついていかないし、そもそも「ファミコンウォーズ」以外のゲームに興味がない。

 

そこで、息子が子供のころ「Wii」のオンラインショップで「ファミコンウォーズ」をインストールしたのを思い出し、息子が飽きて使わなくなった「Wii」を借りることにしたのだ。
 

f:id:yas-99:20171202150038j:plain

が、「Wii」のコントローラーが故障しているそうだ。

息子いわく、「コントローラーなんて、中古ショップで数百円で買えるよ」

 

という事なので、近々中古ショップで買おうと思う。

寒い冬が嫌いな私にとって、この季節の到来は「部屋籠り」を意味する。

 

私的インドアの極みなのだ。

 

世界中がもたもたしてる中、この冬は私があのロケットマンなる某国のミサイル野郎を仮装敵とし、せん滅してみせる!

 

ファミコンウォーズで。

 

 

 

あぁワイン会2

今、私は帰宅した。

ワイン会に参加してきたのだ。

f:id:yas-99:20171125234439j:plain

場所は新潟市中央区にある「カフェ ダックラ」

岩の原ワインという新潟のワイナリーのワインを堪能できるワイン会ということなので参加した。

 

f:id:yas-99:20171125234453j:plain

開始前の風景なのだ。

このグラスの数だけワインを味わえる期待感!

 

f:id:yas-99:20171125234505j:plain

打倒 赤ワインには肉

 

打倒 白ワインには魚

 

この心意気を堪能するために決起した会なのだ!

 

f:id:yas-99:20171125234537j:plain

メインのワインは岩の原ワインの「深雪花」

 

f:id:yas-99:20171125234502j:plain

サラダから始まり、

f:id:yas-99:20171125234509j:plain

スープに移行し、

 

酔いが回り、他の数々の料理を写し忘れたが、「このワインにはこの料理」みたいな概念は捨てた中でのメニューは最高であった!

 

f:id:yas-99:20171125234526j:plain

結局、これだけのワインを飲みほした!

f:id:yas-99:20171125234532j:plain

開けたワインのコルク。

 

いいひとときであった。

 

酔っている中でのブログ更新のため、誤字脱字があった場合は勘弁していただきたい!

 

それでは皆さんおやすみなさい!

あぁ交通機関通勤にも慣れてきた

10月からの交通機関による通勤、もうすぐ2カ月が経過する。

f:id:yas-99:20171122105534j:plain

慣れない通勤に始めのうちは戸惑ったものだ。

鉄道&バスの組み合わせによる通勤なのだが、最近は周りを見渡す余裕もできた。

鉄道は路線が決まっているものに乗車するしかないが、バスはより便利な路線があることを知り楽になった。

バス時間の読みもできるようになり、鉄道を降りてからバスターミナル横の喫煙スペースにて一服するまでに私も成長したのだ。

ブログで何度も触れているように鉄道は好きなので、駅のホームで鉄道車両を眺める楽しみはあるが、余裕をもった中で「楽しみ」と感じることができるようになったのもやはり「慣れてきた」ということだろう。

 

人ごみも苦手だが、最近はすっかりそんな環境にも慣れてきた。

 

とはいえ、これは私だけの話しである。

 

自宅と最寄駅までは自家用車で妻の送り迎え。

 

朝、夜の2回 忙しい時間帯において負担を強いてしまっている。

 

これについては心から感謝している。

 

昨日は「いい夫婦の日」だった。

通勤当初は改札に向かうことで精一杯だったため、駅のショップなんか見たことなかったのだが、先ほど述べたように「余裕」の生まれた私は日頃の感謝の意をこめて買いものをしてみた。

 

f:id:yas-99:20171123080302j:plain

 

いつもありがとう。

 

 





 

 

あぁトロッコ、旧車、そして紅葉

だいたい週末あたりにブログを更新するスタンスだったが、先週はできなかったのだ。

 

理由は、とある団体の研修旅行に参加していたためだ。

 

行った先は富山、石川方面であった。

 

f:id:yas-99:20171113153946j:plain

初日は「黒部峡谷鉄道」 いわゆるトロッコ電車なのだ!

初めて来たわけであるが、鉄道好きの私のモチベーションはいきなりマックスなのは言うまでもない。

 

f:id:yas-99:20171113153953j:plain

線路幅762ミリの「ナローゲージ」の鉄道にうれし涙がこぼれた。

あいにくの天気であったが、そんなことは関係ないのである。

 

f:id:yas-99:20171113153950j:plain

屋根付き車両に乗ったのだが、個人的にはオレンジ色のオープンタイプの方がよかったという感じ。この天候の中、こんなふうに思っていたのは多分私だけだろう。

 

f:id:yas-99:20171113153946j:plain

f:id:yas-99:20171113154012j:plain

この小さな機関車、なんとも言えない味わいがある。

 

f:id:yas-99:20171113153937j:plain

かわいい貨車もあったのだ! 風景も素晴らしかったのだが、どちらかというと鉄道車両を見ている方がワクワクする。

現に、車窓からの風景写真は撮っていない(笑)

 

山代温泉に一泊し、翌日の研修一か所目は小松市にある那谷寺(なたでら)。

f:id:yas-99:20171113154018j:plain

養老元年(717年)開創らしい。

f:id:yas-99:20171113154025j:plain

少し歩いた所の展望台からの景色はご覧の通り大変素晴らしいものであった。

 

那谷寺を出て研修二か所目は、

f:id:yas-99:20171118153522j:plain

こちらも小松市にある「日本自動車博物館」

 

f:id:yas-99:20171113153000j:plain

まずは有名な「トヨタ2000GT」

デザインの美しさは言うまでもないが、意外とコンパクトなサイズ。

 

f:id:yas-99:20171113153118j:plain

こちらは大好きなハコスカ。(スカイライン2000GT)

「GT-R」でなく、普通の「GT」を展示してあるあたりがたまらないのである。

(グリル左のエンブレムは通常ないのだが・・・)

 

f:id:yas-99:20171113153030j:plain

いすずのボンネットバス。 顔つきの芸術的センスは現代の車では味わえないだろう。

 

 

ここまでは割とメジャーどころの旧車だが、さあ、お待ちかねの渋い展示車だぁ~!

f:id:yas-99:20171113153052j:plain

マツダコスモL。いいですねぇ~

 

f:id:yas-99:20171113153037j:plain

マツダロードペーサー。 とても国産車には見えない貫禄。もちろんロータリーエンジン搭載なのだ! 

 

f:id:yas-99:20171113153010j:plain

いすずフローリアン。 もう渋すぎて言葉も出ないのだ!

 

f:id:yas-99:20171113153110j:plain

三菱ギャランラムダ。 ギャランシグマの後に発売されたスペシャリティーカーだったのだ。当時、角型のヘッドライトは斬新だった。

 

f:id:yas-99:20171118153556j:plain

軽自動車に至っては、表情が愛くるしすぎてたまらない。

 

f:id:yas-99:20171113154028j:plain

旧車の重鎮、「スカイラインスポーツ」

生産台数も少ないが、何よりも顔つきの怖さは別格なのだ!

 

もちろん、消防車の展示もあった。

f:id:yas-99:20171113153105j:plain

エンブレムが「消防庁」ではなく「消防団」だ!

多分、この時代は「警防団」だっただろうが、マークが現在の消防団と同じという事に驚いた!

 

f:id:yas-99:20171113153042j:plain

自衛隊で使用したトラック。 機能重視とゴツさが男らしい。

 

このほかにも多くの魅力的な車が展示されていて、いつまでも飽きないのだ!

 

こんな感じで研修旅行を終えたのであったが、この団体の研修旅行についてひとつ感じたのが、「鉄道」、「旧車」を巡る内容が「私のためだけの研修旅行」だったような気がしてならない。

偶然なのだろうが、有り難くもあり、とても幸せであった。

 

とある団体様、ありがとうございました!

 

今日はこんなひとりごと。

あぁ消防団10

昨日11月3日、我が地域の消防団で秋季消防演習が行われた。

もちろん私も参加し、日頃の訓練の成果を発揮した。

 

f:id:yas-99:20171104122440j:plain

まず、参加前に我が班の消防車を点検。装備等異常なしっ!

 

f:id:yas-99:20171104122443j:plain

積載ポンプもエンジン始動。 異常なしっ!

 

さぁ!演習会場へ移動。

 

f:id:yas-99:20171104122434j:plain

各班の消防車両集結! 地域防災に貢献するまぶしい姿である。

 

参加人員集合のあと、永年勤続者の表彰、通常点検等の訓練を行った。

 

そして、演習のメインとして一斉放水訓練に移る。

 

f:id:yas-99:20171104122447j:plain

放水訓練参加者は、防火服を着用。

 

f:id:yas-99:20171104122502j:plain

指揮官からの連絡や号令の受信や、各班の準備状況を伝えるトランシーバーのチェックも大事なのだ。

 

f:id:yas-99:20171104122515j:plain

防火服着用後、整列し、指揮官が「訓練開始申告」を行う。

 

f:id:yas-99:20171104122455j:plain

その後、各車両は放水訓練エリアへ急行する。

 

f:id:yas-99:20171104122426j:plain

訓練エリアにて、中継放水訓練の準備にとりかかる。

(※中継放水とは、水利(水)から火災地点が遠い場合、延ばしたホースの間に複数のポンプを挟み水圧の低下を防ぎながら水を送る方法)

迅速に、確実に、事故やケガに注意しての作業である。

 

f:id:yas-99:20171104140335j:plain

「放水開始っ!」の命令。

3線のホースから勢いよく水が放たれたのだ!

f:id:yas-99:20171104140331j:plain

筒先(水の出る部分)にはものすごい圧力がかかる。

もし、うっかりホースを放してしまったら、水圧によりホースが暴れて大けがを負う可能性もある。筒先の団員は水圧に負けないよう踏ん張りながらの放水を行っているのだ!

 

「放水やめっ!」の号令で放水中止。

無事に訓練プログラムを終了した。

これからは寒くなりストーブなどの使用も増える。

火災が発生しやすくなる季節を前に、このような本格的訓練を行う意義は大きい。

今一度、緊張感をもって地域の安全を願い、消防団活動を行っていきたい。

f:id:yas-99:20171104115742j:plain

と、感じた「足長おじさん」であった。